フライブルク

フライブルクは、ドイツの南西部、バーデン=ヴュルテンベルク州に属する人口22万人ほどの都市です。 ライン川沿いに位置し、フランスとスイスの国境と接しています。北方約65km にはフランスのストラスブール、南方約50kmにはスイスのバーゼルがあります。一般的には 「黒い森(シュヴァルツヴァルト)」の街として知られ、ドイツの中で最も日照時間が長く穏やかな気候に恵まれているため、一年中観光客で賑わっています。また近年は、脱原発・再生利用エネルギーの開発と利活用を推進する先進的な「環境首都」として知られ、各国から視察団の訪問が相次いでいます。